太陽光発電システム無料見積

太陽光発電の売電価格動向につて

 

2012年6月末までは、現行の42円で申込が可能となりました!

 

2012年度は42円のままとなるそうです!

 

2010年度売電価格 48円 ※ピーク金額
2011年度売電価格 42円
2012年度売電価格 42円

 

参考サイト
売電価格の今後の動向

 

 

2010年度から始まった売電価格の保証制度ですが、年々下降傾向となっています。
これはこの制度を導入するに当たって、あらかじめ決められていたことです。
元々、太陽光発電システムの導入を促すための制度ですので、この制度を使って先に導入した人が不利益にならないように設定されています。
また、これによって「太陽光発電システムの価格が下がるまで待とう」という買い控えを防ぐようにもなっています。

 

つまり2010年の48円がピークということになります。
この申込をした年度に決められた電気の買取単価は10年間継続されることが保証されていますので、売電量が多い場合だと早めの設置が理想です。

 

 

しかし!太陽光発電システムを設置するタイミングというのは、そんなに簡単に判断できるものではありません。

 

売電価格の動向以外にも考えなければならない要素が沢山あるのです。

 

売電価格の動向

補助金の動向

設置費用の動向

発電効率の動向

蓄電池の動向

太陽光発電システム設置条件の動向

 

これだけの不確定要素を予測してはじめて判断しすることができるのです。
素人の方がネットで情報収集したところで、なかなか判断できる材料が揃いません。
ネットで生計を立てている情報収集のプロでも難しいことです。

 

ですから、これらのタイミングをはかるにはプロである複数の設置業者に見積を依頼することをおススメします。
できるだけ沢山の見積を取るべきです。

 

何も知識の無い状態で、いきなり設置業者に見積を依頼すると、うまく言いくるめられて「買わされる」恐れもありますし、押しの強い営業をされて「メンドクサイ」状態になる恐れもあります。

 

それでも、まずは設置業者に見積を依頼することから始めるべきです。

 

手間を掛けず、簡単に沢山の設置業者から見積を取るには?

太陽光発電の売電価格動向関連ページ

太陽光発電 2011年第3次補正予算
2011年第三次補正予算が決まり、太陽光発電システムの補助金受付が再開しました。
最小限の出費で導入
震災により太陽光発電が注目されるようになりました。そのため企業や研究者の参入により格安でシステムを実現が提供できるようになりました。詳しくご説明いたします。