太陽光発電システム無料見積

太陽光発電 2011年第3次補正予算について

2011年10月31日で受付終了となっていた太陽光発電の補助金ですが、第三次補正予算が可決されたことによって再開されることが決まりました。
2011年の本予算と同じ額の予算が組まれました。
これにより2011年11月25日より2012年3月30日まで受付が再度始まることになりました。しかし、補助金申込の状況により、補正予算額を超過した場合は、その時点で締め切ることになります。

本予算分の補助金が受付を締め切る2ヶ月前に、すでに超過していた状態だったので、この補正予算分についても3月30日前に終了となる可能性が大きいようです。

今回の補正予算で変更になった点は、売電メーターという東京電力などの電力会社から購入しなければならない部分が「システム価格が1kwあたり60万円以下」という60万円の中には含まれなくなったことです。
購入者にとって大きな変更点ではありません。

今後、太陽光発電システムに関する補助金は年々小さくなっていくことは間違いありません。
売電金額も同様な推移となります。
だからと言って早く購入して補助金を受け取れることがお得とは限りません。
今後は太陽光発電システム自体の設置金額が下がっていくと思われますので、今回の補助金を逃したとしても、投資効率はそれほど変わらない可能性が大きいと言えます。

補助金が無くなるからと業者に煽られて購入するのだけはご注意してください。
トラブルの原因となっています。
太陽光発電システムを検討しているのならば自分の家の屋根にあったメーカーを相談することができる経験と知識を備えた信頼の業者を探すことが先決です。
みんなが選んだ無料見積サイトの口コミランキングから業者探しをスタート!


太陽光発電 2011年第3次補正予算関連ページ

太陽光発電の売電価格動向
太陽光発電システムで作って余った電気を電力会社に高値で買ってもらうことができます。この価格は毎年変更されていきます。
最小限の出費で導入
震災により太陽光発電が注目されるようになりました。そのため企業や研究者の参入により格安でシステムを実現が提供できるようになりました。詳しくご説明いたします。