最小限の出費でシステムを導入のしかた

.最小限の出費でシステムを導入のしかた

太陽光発電システムの発電コストは、これまでは多くを太陽光パネルの製造コストが占めていました。

 

しかし、現在では太陽光発電コストに占める太陽光パネルの占める割合は、2割程度まで下がってきているろ言われています。

 

残りにコストに占めるのは、太陽光パネルを固定する架台や太陽光パネルが発電する直流を交流に変換するインバータが4割程度と言われています。

 

これらのハードウェアに対するコストは、ハードコストと言われています。残り2割が部品を流通する費用、システムを施工する費用、各種手続きを行う費用でソフトコストと言われています。これに設置場所に応じた場所のコストが必要となります。まずハードコストについては、政府の再生可能エネルギ推進する政策等により多くの企業や研究者の参入により発電効率の向上が実現され、今以上にコストに占める割合が下がって行きます。

 

そのためより安価で効率の良いシステムを実現しているメーカを採用することにより、よりコストを下げることができます。

ソフトコストについて

次にソフトコストですが、これについてはより慣れた施工者に任せることによりシステム設置場所に応じた最適なシステムの提案を受けることが可能となります。

 

施工業者の施工事例を参考に施主自身もシステムを勉強することにより、より安価で効率がよいシステムを導入することができます。ただ注意点として長く使用して費用を回収していくシステムであるため設置時のコストのみで検討するのでなく、保守点検等のランニングコストについても十分加味する必要があります。

太陽光発電システムを検討しているのならば自分の家の屋根にあったメーカーを相談することができる経験と知識を備えた信頼の業者を探すことが先決です。
みんなが選んだ無料見積サイトの口コミランキングから業者探しをスタート!


最小限の出費でシステムを導入のしかた関連ページ

太陽光発電 2011年第3次補正予算
2011年第三次補正予算が決まり、太陽光発電システムの補助金受付が再開しました。
太陽光発電の売電価格動向
太陽光発電システムで作って余った電気を電力会社に高値で買ってもらうことができます。この価格は毎年変更されていきます。