太陽光発電システム無料見積

太陽光発電システムの仕組み

 

太陽光発電システムは家庭やビル、工場などの屋根に太陽電池モジュール(ソーラーパネル)を設置します。
このパネルは皆さんが良く見かける屋根の上に設置してあるパネルですね。
そのパネルに光があたることで、光エネルギーが電気に変換されるのです。そこで発電した電気を、家庭内の家電製品の動力として使うことが出来ます。

 

ただし、電気を自給自足できる太陽光発電システムでも太陽が出ていない夜や、雨や曇りの日など十分な発電量が期待できない場合には電力会社から電気を買うことになります。
ただし、太陽光発電で発電して余った電力はそのまま送電線を通じて各電力会社に売ることもできます(売電)。

 

電気の売り買いについては特別な操作をする必要はなく、自動的に行われます。そして1ヵ月単位で電力会社から買った電気代(買電額)と、電力会社に売った電気代(売電額)とが清算されます。

 

つまり発電している昼間に電気を使っていなければ、勝手に電力会社に売ってくれるというとても優れたサービスです。

 

(売電の額のほうが買った電気代より大きい場合は電力会社から差額が振り込まれます)

 

さらに、ユーザーにとってうれしいのは2009年から太陽光発電システムによる新たな余剰電力の買取制度がスタートしました。
これにより、売電の単価が従来の2倍程度(2010年度は48円/kWh)となっています。

 

今後この売電単価は年々下がっていくと言われており、今この制度に申込をするとこの48円が10年間保証されます。

太陽光発電システムを検討しているのならば自分の家の屋根にあったメーカーを相談することができる経験と知識を備えた信頼の業者を探すことが先決です。
みんなが選んだ無料見積サイトの口コミランキングから業者探しをスタート!