太陽光発電システム無料見積

アモルファスシリコン型太陽電池とは

アモルファスシリコンが発表されたのは、単結晶シリコン発表されてから約20年後となる1976年です。

 

アモルファスシリコンの原子構造は結晶系のシリコンとは違い非結晶となっている。

 

ある一定の法則で原子が配列されている結晶とは違い、原子が不規則に配列されていることからアモルファス=無定形と呼ばれている。

 

アモルファスシリコン型太陽電池製品の特徴としては、結晶系のシリコンよりも変換効率が劣るが、日本の夏のようにソーラーパネル表面が高温になった場合の変換効率は良い。

 

変換効率10%程度です。

 

結晶系のシリコンと比べてシリコンの使用量が1/100程度で済むことから、資源を効率活用できる。
そして、低コスト大量生産できることから、今後は一番生産量が伸びると考えられています。

 

その他には、非常に薄い膜(薄膜)でできているため、フィルムの表面に塗ることで、屋根材の表面に貼ることができるなど、今後の製品開発に期待できる。

 

現在、結晶型とアモルファスシリコンを組み合わせた太陽電池などが出てきているので、一概には言えないが、条件の良い広い屋根があれば十分検討に値すると考えられます。

太陽光発電システムを検討しているのならば自分の家の屋根にあったメーカーを相談することができる経験と知識を備えた信頼の業者を探すことが先決です。
みんなが選んだ無料見積サイトの口コミランキングから業者探しをスタート!