太陽光発電システム無料見積

太陽光発電システムは災害時に使える?

太陽光発電システムについては、大まかには、太陽光パネルと太陽光パネルにより発電した電気を使える電気に変換するインバーターといわれるものから構成されています。

 

災害時等システムを単独で自立して使用するのはどのような場合かと考えると、電力会社からの電気が止まった場合となります。太陽光システムにおいて太陽光パネルは、太陽からの光に照らされるだけで発電されます。

 

次に太陽光パネルで発電された電気(直流電力)を通常の電化製品で必要とする電気に変換するインバータを動かす必要があります。

 

インバータは、太陽光パネルで発電された電気で運転可能です。

 

しかしそのインバータから出力配線は、平常時のままであれば電力会社からの電気配線につながっています。

 

そのため電力会社からの供給が止まった状態では、太陽光パネルにて発電された電気はインバータを介して電力会社の配線に流れて行きます。

 

そうするとその電気に感電したり故障している配線に電気を供給したりしてしまいます。

 

またその後、電力会社からの電気の供給が復旧して場合、電力会社からの電気を太陽光パネルからの電気の違いにより故障が発生する場合もあります。

 

そのため自立運転が可能なインバータには、自立運転モードのへ切り替えがあり、その操作が必要となります。その切り替えをおこなうことにより電力会社の電気配線と切り離しをおこない、太陽光発電システムでの単独運転を行い、災害時に使用可能となります。

 

ただ注意点として、インバータの性能によっては、起動時に大きな電流を必要とするポンプやモータを使用する電化製品については、使用できない場合があります。

太陽光発電システムを検討しているのならば自分の家の屋根にあったメーカーを相談することができる経験と知識を備えた信頼の業者を探すことが先決です。
みんなが選んだ無料見積サイトの口コミランキングから業者探しをスタート!


太陽光発電システムは災害時に使える?関連ページ

太陽光発電の訪問販売によるトラブル
トラブルの温床となっている訪問販売。太陽光発電システムを設置する業界で、どのようなことが起こっているのでしょうか。
太陽光発電システムのモデルを2軒探しているのです!に業務停止命令
モデルを2件探していますと言って、ウソをつく悪徳業者に業務停止命令が出ました。太陽光発電システムの業者を選ぶには最低限の知識が必要です。
太陽光発電システム設置のトラブル1位は”雨漏り”
太陽光発電システムを設置する際にトラブルとなる1位は「雨漏り」だそうです。屋根の構造や負荷をちゃんと考えられる業者選びが必要です。
太陽光発電システム 手付けを支払ったのに・・・
太陽光発電システム設置を決めて、お金まで支払ったのに着工しない。こんな最悪な状態になってからでは遅すぎます。必要最低限の知識を身に付けましょう。
太陽光発電システムの故障トラブル
太陽光発電システムを設置しても、その後の故障トラブルが非常に高い確率で起こります。目先の設置金額だけではなく保証内容や業者の技術力にも注意しなければなりません。